Dear Great Hackers

  1. タイアップ
  1. トピックス

講義へのICT活用を積極化する中央大学は、どのようにしてデータマネジメントを実践しているのか?

提供:ヴィーム・ソフトウェア株式会社

中央大学は、一部学部における遠隔授業の導入や、全学的なeラーニング/LMS(学習管理システム)の整備など、教育へのICT活用を積極的に進めている大学の1つだ。大勢の学生が、同学の整備するICTを活用して日々の学びを進めている。万が一このICTにダウンタイムが生じた場合、”学生の学び” に及ぼす悪影響は計り知れない。同学はどのようなデータマネジメントの下、ICTサービスを安定的に提供しているのか。

本稿ではヴィーム・ソフトウェア(以下、Veeam)がまとめた導入事例から、中央大学の中でおよそ5,000名の学生を抱える、理工学部/理工学研究科が実践するデータマネジメントについて紹介したい。

中央大学の実践するデータマネジメント

中央大学 理工学部/理工学研究科は過去、オンプレミスに整備したICT基盤で、教育システムや研究用システム、情報系システムを運用してきた。また、各環境の特性に応じた3種類のバックアップツールの下でデータマネジメントを実践してきたが、あることを理由に、ICT基盤をハイブリッドクラウド化。バックアップツールも一本化した。理由は大きく2つある。運用工数と、教育上のリスクだ。

従来環境はオンプレミスを主とするため、ハードウェアの管理だけでも多くの時間を割くことになる。また、データマネジメントについても、複数のバックアップツールを取り扱う背景から多大な工数が発生していた。問題は運用工数だけではない。万が一システム障害などが発生した場合、対象のICTサービスにもよるが、最大で2日程度の復旧時間が必要だった。”学生の学び” を阻害するリスクも抱えていたのである。

肥大化する運用工数と教育上のリスクを解消すべく、同学は、情報系システムをMicrosoft 365へ移行。ICT基盤をハイブリッドクラウド化した。また、オンプレミスとクラウドの双方を統合的に管理するために、Veeam製品を導入。バックアップツールも一本化している。

中央大学 理工学部/理工学研究科では、Veeam製品でオンプレミスとクラウドにあるデータを統合管理している。


中央大学 理工学部/理工学研究科の取り組みは、システム復旧までに要するダウンタイムを95%削減し、また、日々のデータマネジメントにかかる運用工数もおよそ3分の1にまで減少させるなど、大きな成果を生み出している。

ICT基盤やバックアップツールの刷新にあたっては、移行難易度も気になるところだろう。データマネジメントに関わる方はおおいに参考になるはずだ。

タイアップの最近記事

  1. 【加治慶光 × 澤円】日立のLumadaはなぜ面白いのか? 〜HSIF2021 JAPAN…

  2. 大型買収を経て、日立が本気でめざす「グローバルDXパートナー」とは?〜HSIF2021 J…

  3. 注目度の高まる「音声処理技術」領域で、日立製作所メンバーの研究開発姿勢を探る

  4. アプリケーションエンジニアの可能性を広げるエッジクラウドコンピューティングとは。「Qiit…

  5. 地図データのゼンリンと技術の日立。両社の強みを活かした長崎の観光型MaaSが面白い!

関連記事

PAGE TOP