Dear Great Hackers

  1. イベント
  1. メディアスポンサー

本選に出場するのはどのチーム?『ISUCON10オンライン予選』レポート

2020年9月12日(土)、今年で10回目を迎えるISUCONのオンライン予選が開催されました。この記事では、YoutubeのISUCON 公式チャンネルで配信されたライブ配信の様子と本選に進んだチームなどを紹介します。

ISUCONとは、LINE株式会社が主催する「Iikanjini Speed Up Contest(いい感じにスピードアップコンテスト)」の略称で、お題となるWebサービスの高速化を決められたレギュレーションの中で競う大会です。

ISUCON10 まとめページへ

Contents

  1. 予選の様子
  2. 本選出場チーム
  3. 使用された言語
  4. 予選問題
  5. さいごに

予選の様子

9:30にライブ配信が始まり、しばらく準備中のISUCON運営チームの様子が流れます。
環境構築が完了し、12:20にいよいよ予選が始まりました。

競技開始から1時間ほど経過した頃からISUCON10 競技者用のポータルサイト上のLeaderboardとライブ配信にスコアと順位が表示され、どちらも競技終了1時間前の20:00までリアルタイムで更新されていました。


開始から2時間ほど経つと一旦順位の変動が落ち着き、そこから30分後、また順位が変動しはじめる。15:00を過ぎるとスコアの開きが目立ちはじめ、スコア1,000以上のチームが増えてきました。

競技終了まで2時間を切る頃にはスコア2,000を越えるチームが複数現れ、その後も静かな戦いが続きます。

スコア更新の止まる直前にtheoremチームが7,250というハイスコアを叩き出し、ラスト1時間に突入しました。

競技に参加した490チームから本選に出場できるのは、わずか30チーム。8時間40分におよぶ戦いを制し、本選に進んだチームは…?

本選出場チーム

予選を1位で通過したのはFCCPC_かみのやま温泉でした。

一般枠(上位25チーム)+学生枠(上位25チームを除いた学生上位5チーム)の30チームが本選に出場する予定でしたが、ベンチマーカーに不具合があり、追試および協議の結果33チームが本選出場となりました。
詳細は、ISUCON運営チームのブログをご覧ください。

ちなみに、終電は逃したとのことです。

一般枠: 上位25チーム + 不具合の影響を受けていた本選出場2チーム

  • FCCPC_かみのやま温泉
  • shallowverse (学生)
  • FetchDecodeExecWrite
  • 一口坂46
  • がんもどき (学生)
  • takonomura (学生)
  • ニル侍
  • hoge
  • チーム中目黒乗り過ごし
  • 101010
  • SunPro
  • ウー馬場ーイーツ
  • 第5西東京市 (不具合の影響を受けていた本選出場チーム)
  • 勉強不足の分は有り余る才能でカバーしようかなと思っております
  • MN
  • へしこず
  • カレーおじさん
  • 牡蠣の鋭利な殻が指に突き刺さり利き手を負傷 (不具合の影響を受けていた本選出場チーム)
  • SNE
  • メンチカツ
  • ヌルポインターマリアユニバース
  • 百万円ドリブン
  • はしもとせいこ
  • hidekiy
  • 😇😇😇 (学生)
  • ふんばり温泉チーム
  • curl gotti

学生枠: 上位25チームを除いた学生上位5チーム + 不具合の影響を受けていた本選出場1チーム

  • BruteForce (不具合の影響を受けていた本選出場チーム)
  • 計算機科学実験及演習5
  • Azeit
  • いすこんがさき、しゅうろんはあと
  • アサシン
  • ワンランク上のジロリアン

全ての参加チームのスコア(参考値)はこちら

使用された言語

予選で使用された言語は以下の通りです。参加した490チームのうちISUCON運営で確認出来た範囲で算出しているとのこと。年々、Goの使用比率が上がっているように思います。

Go 276組 59.0%
Ruby 81組 17.3%
Python 47組 10.0%
Nodejs 29組 6.2%
PHP 18組 3.8%
Rust 8組 1.7%
Perl 7組 1.5%
Elixir 1組 0.2%
original-ruby 1組 0.2%

予選問題

予選の課題は出題企業である株式会社リクルートのサービスになぞらえた“イスに似合う不動産を検索できる総合情報サイト”、『ISUUMO』でした。

「なぞって検索を効率化できたかどうか」「AppとDBサーバの分割を適切にできているか」の2点が予選通過のターニングポイントで、予選作問チームの1人がリハーサルで実施した際の最高点数は 8000 点ほどとのことです。

予選問題作問担当の @yosuke_furukawaISUCON10 予選問題の解説と講評を公開していますので、詳細は解説と講評をご覧ください。

なお、予選問題は https://github.com/isucon/isucon10-qualify で公開されています。

さいごに

本選は10月3日(土)。今年は本選もオンラインで開催されます。いつもと違った本選になるのか、今からとても楽しみです。

また、ISUCON運営チーム曰く、「ブログを書くまでがISUCON予選」とのこと。ISUCON10オンライン予選の関連エントリをまとめて、ブログを書いた方や一覧に載っていないエントリを見つけた方は、ぜひISUCON10 オンライン予選 関連エントリまとめページからフォームをお送りください。
「参加していないけれどエントリは見たい」という方も上記のページからご覧ください。

[ISUCON10 本選ライブを視聴する


ISUCON運営チームより当日の写真をいただいたので、一部をご紹介します。

イベントの最近記事

  1. コミュニティ論からMicrosoft Ignite 2020振り返りまで、熱量高まった4時…

  2. 40作品が一次審査へ!! U-22プログラミング・コンテスト2020 事前審査結果発表

  3. 社内ISUCONで有名なリクルートがISUCON10の出題を引き受けた理由とは

  4. 本選に出場するのはどのチーム?『ISUCON10オンライン予選』レポート

  5. あなたの技術とアイディアで、経営をもっと軽く、楽しいものに。「freeeアプリアワード20…

関連記事

PAGE TOP