Dear Great Hackers

  1. Incrementsで働く

私が就活期にIncrementsでインターンを始めたきっかけとその結果

こんにちは。
Incrementsでインターンをやっているwag_tailです。
私は、現在大学4年目の秋を迎え卒業研究に追われています。

今回は、私がどうしてIncrementsでインターンを始めたのか、インターンをやってみて何を感じたのかをお話ししたいと思います。
具体的な業務内容も一部紹介しているので、Incrementsでのインターンに興味がある人はぜひ読んでいただけると嬉しいです。

Incrementsにインターンで入ったきっかけ
インターンをやってみた結果
インターンの1日
Incrementsで一緒にインターンしませんか?

wag_tail
Incrementsでインターンをやっている某大学4年生。

 

m0ka
wag_tailのメンター社員さん。

Incrementsにインターンで入ったきっかけ

私がIncrementsにインターンとして入社したのは、今年1月のことです。

大学3年の冬といえば、就活で忙しくて長期インターンを始めるなんてとんでもない、と思われるかもしれません。ただ、周りの友達が就職活動を理由にアルバイトを辞めていくなか私があえてインターンを始めたのは、私なりに考えがあってのことでした。

就職活動をしていると、「社会に出たらどんな風に働きたいですか?」といった質問に対する答えを迫られる機会がたくさんあります。
私はこの質問に答えるのがとても苦手でした。
アルバイト経験ならともかく、社会人経験のない学生にそんなことを尋ねられても困るんですけど…と、ぶつぶつ言いながらも、どうしたらいいのか色々考えました。

色々考えた結果「だったら実際にオフィスで働いてみればいいのでは?」という結論に至った私は、さっそく学生インターンとして働いてみることにしました。
そんな経緯でインターンの求人を探しているときに、たまたまIncrementsのインターンの求人を見つけたのが入社のきっかけでした。

何十社も受ける体力ないし、インターンしていろいろ勉強しながらぼちぼち就職活動しよう。私はそんな就活生でした。

インターンをやってみた結果

苦手を克服した

「社会に出たらどんな風に働きたいですか?」という質問に答えるのが苦手。その答えを明確にしようとインターンを始めた私ですが、その目的に対してIncrementsでのインターンは大正解だったなと思います。

これは、インターンをしたから就職活動で有利になった!という意味ではありません。

Incrementsでは、社員の意見もインターンの意見も等しく扱われます。
インターンでも、「こうしたほうがいいんじゃないか」「こういうことをやってみたいです」という声をあげれば必ず誰かが反応してくれる、そんな環境です。
サービスの立ち上げに携わったり業務の改善をしたりする中で、私は「今ここで自分にできることは何か」を考える力を自然と身に付けていました。

当事者意識を持って業務に取り組んだからこそ、面接でも、自分がインターンで何を考えてどういう行動を取ったのか?をはっきり話すことができました。端から見ても変化はあったようで、実際、選考を受けていた会社の人からも成長したねと褒めてもらえました。やったー!(笑)
余談ですが、就職活動も4月に無事終了しました。

私の場合は就活でしたが、身を置いた環境の中で当事者意識を持つことって、大学の部活動やゼミなんかでも必要なことだと思います。何が言いたいかと言うと、就活生でなくてもインターンで得られるものはたくさんあるよ、ということです。

今までのアルバイトの中で一番楽しかった

私はこれまで、飲食から英会話の家庭教師や巫女さんまで、様々なアルバイトを経験してきました。
どれも楽しい思い出ですが、飲食は洗い物で手が荒れるし、家庭教師は事前準備とが大変だし、巫女さんは寒い中立ちっぱなしで見た目よりもタフでした。
なにより、アルバイトで学んだ知識は、アルバイト以外で活かす機会がごく限られていました。

Incrementsでのインターンは、手荒れもしないし事前準備もなし、オフィスでのデスクワークなのでもちろん座っていてOKです(笑)!
それに、今業務で学んでいることの多くが社会人になってからも活きるものなので、すごく有意義だなと思います。

インターンの1日

参考までに、最近の私の1日をちょっとお見せしちゃいます。

10:30 出勤
Incrementsのコアタイムは10:30から!電車もそこまでこんでいなくてありがたい時間帯です。元気に挨拶をしてオフィスに入ります!

10:30-13:00 Qiita:Zineに記事掲載している企業向けにレポート作成
Google Analyticsなどで計測したデータをグラフ化し、Google Slidesにまとめます。

この記事レポートのフォーマットも、社員さんと相談しながら顧客にわかりやすいレポートを目指し改善を重ねています

13:00-14:00 昼食
社員さんとランチを食べることも!

14:00-14:30 メンター社員さんと1on1
Incrementsでは、5ヶ月ごとに業務の目標を設定しています。目標は、業務内容からプライベートのことまで多岐に渡って複数設定します。
1on1では、メンターさんとその進捗の確認を中心に、日頃の悩みまで何でも聞いてもらいます。

メンターさん「進捗どうですか」 wag_tail「卒論がちょっと」

目標シート。インターンの募集は、私の今期の目標の1つです

14:30-15:30 インターン業務のマニュアル見直し
業務で学んだ運用方法、身に付けた知識などは定期的にQiita:Teamでまとめています。変更点があれば随時書き換え、私以外のインターンや社員さんがいつでも問題なく業務を行える状態を目指しています。

マニュアルもレポートと同様、見た人がわかりやすいかどうかを意識しています

15:30-16:15 広告入稿作業
配信中の案件のバナーを追加したり、Qiitaが毎週水曜日に配信しているメールマガジン「Qiitaニュース」の配信設定を行ったりします。

16:30 退勤
日報を書いてこの日は早めに退勤。
このあとはカフェにこもり卒業研究のための作業に😇

その日やったこと、明日やることなどを書きます。読んだ社員さん達がいいねをつけてくれます

Incrementsで一緒にインターンしませんか?

Incrementsでは、随時インターン生を募集しています。現在は、私を含め3名が働いています。
分からないことがあっても大丈夫です。
私や他のインターンがサポートするのはもちろん、社員さんもいつでも相談に乗ってくれます。

一緒に働いてみませんか?

学歴・年齢は不問です。
もちろん、テスト期間などは学業優先OKです。私も日々卒論に追われています。
すでにアルバイトをしている人でも、ぜひ一度検討してみてください。
過去には、飲食アルバイトと掛け持ちしていた人もいたようです。
就活と掛け持ちも、(推奨はしませんが)OKです!

ご応募お待ちしています。

インターン詳細はこちら

過去のインターン記事が気になったら:
飲食バイトと掛け持ちしていた先輩の話はこちら
コンビニバイトをしていた先輩の話はこちら

文:wag_tail
編集:Qiita:Zine編集部

Incrementsで働くの最近記事

  1. 私が就活期にIncrementsでインターンを始めたきっかけとその結果

  2. 【Incrementsで働く Vol.6:中根美香(デザイナー)】「ユーザーにQiita:…

  3. 【Incrementsで働く Vol.5:千葉知也(エンジニア)】QiitaのHTTPS化…

  4. インターンと飲食アルバイト、欲張って2か所で働いている理由についてお話します

  5. 金曜日の過ごし方、ゲームの夕べ

関連記事

PAGE TOP