Dear Great Hackers

  1. Qiita
  1. トピックス

【Qiita広告について】#7 もし地方でエンジニア採用のリアルイベントを企画するなら

リアルイベントって最近どうなの?

こんにちは、Qiita Zine編集部です。
Qiita Zine読者の皆さまはリアルイベントと聞くと何を思い浮かべますか?

私はリアルイベントと聞くと「展示会、オフ会、採用・キャリアイベント、ミートアップなど」を思い浮かべます。

しかしながら、上記のようなリアルイベントの話も2020年のパンデミック以降、あまり聞かなくなった気もします。その代わり、「ウェビナー」という言葉を聞くようになったのではないでしょうか。

そこで、IT系リアルイベントの代名詞である「展示会」と「ウェビナー」というキーワードでGoogleの検索トレンドを調べてみました。

以下は、2004年から2022年までの「展示会」と「ウェビナー」というキーワードの検索トレンドの推移グラフです。

Googleトレンド「展示会」VS「ウェビナー」

グラフを見ると意外にも、パンデミックがあった2020年4月・5月は展示会の検索数が落ち込んでいますが、最近は「展示会」の検索数が復調傾向にあることがみてとれるのではないでしょうか。

「オフラインの展示会などのリアルイベントが復活しているのではないか」という仮説を後押しするように、Qiitaにもリアルイベント集客について相談をいただくことが増えています。

そこで当記事では、エンジニア採用のリアルイベント集客におけるよくある課題とQiita広告でそれらの課題に対してどういったソリューションを提案できるのかをご紹介します。

リアルイベントでよくある課題

リアルイベント集客のご相談でよく聞くのが、

  • 地方開催だとオンラインでのプロモーションが難しい
  • 運用型広告施策を実施しているが、なかなか事前登録数を伸ばせない

という課題です。

今でこそ運用型広告を中心に位置情報によるターゲティングは当たり前になってきましたが、さらにターゲット職種がエンジニアとなると、集客施策の難易度は一気に上がります。

もちろん敷居を下げて、エンジニア未経験者をターゲットにすることもできますが、それでも他職種と比較して集客の難易度は高いと言えます。

Qiita広告では何ができる?

ここからはQiita広告で前述のような集客課題に対して、どのようなプランをご提案しているのか紹介します。
プランとしては、次の2パターンがご提案できます。

  • 1社単独メール広告+Qiita DSP広告
  • タイアップイベント

1つ目のプランは位置情報を活用したターゲティングによる1社単独メール広告とQiita DSP広告です。
1社単独メール広告とは、条件にマッチしたエンジニアへメール配信ができる広告メニューです。
例えば、大阪でのリアルイベント集客をしたい場合、IPアドレスを活用して「近畿地方在住、大阪府在住、京都在住」などのセグメントを作成して、メール広告を配信することが可能です。

そちらと合わせて提案できるのが、Qiita DSP広告です。
Qiita DSP広告とは、Qiita以外の提携メディアでエンジニアへアプローチできるターゲティング広告です。利用された企業さまよりも、認知度の向上、自社サイトへの訪問者数が増えた。と声をいただきました。

2つ目のプランはイベント丸ごとお任せプラン(正式名称:タイアップイベント)です。

イベントの集客で肝となってくるのは、『イベント企画』と『ゲスト・登壇者』です。
Qiitaのタイアップイベントでは、イベントのコンテンツ企画から開催まで一気通貫して実施できることはもちろん、ゲストのアサイン対応まで可能です。

過去イベント Qiita Conference

過去にイベントを実施された企業さまよりは、想定以上の人数に参加いただきアンケートも満足度が高く、費用対効果が良かった。とフィードバックをいただきました。

最後に

エンジニア向けのリアルイベントの集客や企画づくりにお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

問い合わせフォーム

Qiitaの最近記事

  1. Qiitaニュース | SQLの練習ができる学習サービス「SQLab」を作ってみた

  2. Qiitaニュース | 僕が考えた最強の作業手順書

  3. Qiitaニュース | Dockerコンテナのpostgresqlがマルウェアに感染し…

  4. Qiitaニュース | 「何を言っているのか分からない」と言われないための「伝え方」のノウ…

  5. Qiitaニュース | Amazon VPCを「これでもか!」というくらい丁寧に解説

関連記事

PAGE TOP