Dear Great Hackers

  1. 製品について

Qiita広告についてお話します #2

こんにちは、IncrementsでQiitaの広告事業を担当していますtyamaguです。

以前Qiitaの広告についてお話しますというエントリーにてQiitaの広告事業についてお話させていただきました。
前回の投稿の後に私たちが予想していなかったほど、非常に大きな反響、多くのお問い合わせをいただきました。ありがとうございます。

あれから1年経ち、Qiitaの広告やその他の取り組みについても様々な変化がありました。
今回は改めて1年の振り返りと今後の取り組みについてお話します。

広告について

おかげさまでQiitaは順調に成長しています。

そのような中で、Incrementsでは広告によってQiitaのサービスの価値が高まるように、またエンドユーザーの皆さんの体験を阻害しないように、様々な分析や検討を行ってまいりました。

前述の取り組みを踏まえた企画や広告メニューについてご紹介します。

Qiitaのアクセスデータ

最新のQiitaアクセス数のグラフです。

2017年のデータから引き続き、右肩上がりにアクセス数が伸びています。今年も後述のAdvent Calendarの影響で12月にグッとアクセス数が伸びる見込みです。

Qiitaアクセスユーザーの職業分布

職業分布のグラフです。

勿論一番多いのはエンジニアの皆さんです!

次に多いのはデザイナーで、フロントエンドエンジニアとしての領域も担当する方々が見ていただいているようです。

3番目はマーケター。最近ではSQLを叩いてRedashでデータを取り出して分析して…といったテクノロジーを使ったマーケティングを行っている方々も多く、そういった方々に見ていただけてるのではないかと思っています。

Qiita広告の活用事例

上述のようにエンジニアリングに特化した媒体として様々な方々にご利用いただいています。
それを踏まえ、どのように広告をご利用いただいてきたのか、いくつか事例をご紹介します。

Udemy様

【2年で年収2.5倍】QiitaとUdemyでキャリアアップに成功したユーザーの学習法 – zine.qiita.com

この記事はUdemyという世界最大級のオンライン学習プラットフォームをQiitaのエンジニアの方々に使っていただきたいというご相談をいただき、作成させていただきました。最近ではQiita内でも話題になっていますね👍

記事を公開してから様々なQiitaユーザーの方々がUdemyをご活用いただき、Udemy様に大変喜んでいただきました。Qiitaユーザーの皆様はUdemyとの相性が良い!ということで第二弾の記事も作成しました。

結果、第二弾記事経由で、Udemyを受講されたユーザーは 数百名規模でいらしたそうです🎉

ユーザーにとっても価値のある商品を分かりやすい情報で届けられた結果がこの数字に表れているのではないかなと思います。

新しい取り組みについて

最後に直近で始めた or 始まる新しい取り組みについてです。

ログインユーザー向けバナー広告

ログイン状態のユーザー向けの広告に関しては今年の6月よりテストを実施し、ユーザーの皆様から様々なフィードバックをいただいた後に実装されました。

元々企業様からも「Qiitaログインユーザーに様々な情報を届けたい」とお声をいただいていました。現在はユーザーの皆様にもメリットを感じていただけそうなサービスの広告をお届けできているのではと思っています😀

また、こちらの広告に出稿いただいている企業様にはコミュニティスポンサーとしてトップページにロゴを掲載しています。

こちらもQiitaログインユーザーの方々へのブランディングになると喜んでいただいています☺️

Qiita Advent Calendar スポンサー

Qiitaの広告についてお話しますでもお話しましたが、 Advent Calendarとは、元々はクリスマスまでの日数をカウントダウンするために使われていたカレンダーのことです。
Qiita Advent Calendarの最大の特徴は、「プログラミングに関する情報に特化している」ことであり、たくさんのエンジニアの方々が技術情報を投稿いただいています。

去年は 11555人のユーザー に参加いただき、 592カレンダー が掲載されました🚀


Incrementsでは 今年もAdvent Calendarを大々的に盛り上げていこうと考えています。
ユーザーの皆様には記事を投稿していただくことでプレゼントをもらえるかもしれない企画をご用意したり、企業の皆様にはエンジニアの方々に様々なPRをしていただく仕掛けをしたり…。

今年のAdvent Calendarページも公開されましたので、楽しみにお待ちいただければと思います😋

まとめ

様々な広告についてお話しましたが、一貫してお伝えしたいことは ユーザーと企業双方が喜んでもらえるような広告を作っていきたい ということです。広告をこうして欲しいやこういうのは嫌だみたいなことがあれば随時フィードバックを募集していますので、ご連絡ください!

また、エンジニアの皆様に喜んでもらえるような広告を一緒に作っていただける広告主、代理店を募集していますので、お気軽にお問い合わせください。

広告についてのお問い合わせはこちら

製品についての最近記事

  1. Udemyで400コース学んだ黒澤さんがおススメするデータサイエンスコース10選+α

  2. Udemyで学んでAWS認定合格やAIの実装ができたQiitaユーザーの5つの事例紹介

  3. Qiita広告についてお話します #2

  4. フリーランスのお金の悩みをなくしたい。「フリーナンス」に込める想いと挑戦

  5. Udemy人気Python講師にインタビュー!日本でもおすすめの「シリコンバレー流コーディ…

関連記事

PAGE TOP